お正月料理は冬の食養生

名古屋発 美味しいお店

祝い肴三種といって「黒豆」「きんとん」「田作り」これさえあれば最低限お正月をお祝いすることができるという品に加え、いくつか取り上げてみました。

○黒豆

真面目に働けて、健康に暮らせる一年を願って「まめまめしく」働き暮らせるようにという願いが込められています。黒豆の「黒」には魔除けの力があるとも。

黒豆には、胃腸の機能を高め、尿の出を良くし体の余分な水分を除く効果があると言われています。

〇田作り

畑や田に、もともと肥料として利用していた小鰯を使い、豊作を祈願する意味で「田作り」と呼ばれています。使っている鰯は、漢方では「気」を補うため、疲れがちな時、気分が乗らない時などの「気虚(ききょ)」と呼ばれる時に良いとされています。

西洋医学に置き換えると、漢方でいう「気」は「血」や「水」、臓器を動かし、自律神経や内分泌系をつかさどる働きをもちます。

〇栗きんとん

黄金色にあやかって、商売繁盛や金運を呼ぶ縁起物とされています。栗やサツマイモは、糖をつけ内臓の働きを良くすることで体を温めるため、冬には良い食材です。また、胃腸を丈夫にし、血行を良くするという性質もあります。

〇昆布巻

「二親(ニシン)」が「養老昆布(よろこぶ)」と解釈し、両親がいつまでも健康で長生きできるよう祈願しています。「養老昆布(よろこぶ)」を「喜ぶ」とも掛けており、おめでたい縁起物です。

昆布は「水」を整える作用があり、水の滞りであるむくみ等には効果的。漢方でいう「水」は鼻水や尿、リンパ液などの体のあらゆる水分で、免疫力に大きなかかわりがあります。

但し、食養生としての昆布は、体を冷やす性質があるので、冬場には体を温める性質のある食材で補います。昆布巻きにニシンや鮭やマスなどが入っているのはそのためです。

○海老

長生きの象徴として長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きすることを願って用いられますが、体を温めるとともに抗酸化作用があると言われているため、スタミナをアップしアンチエイジングにも良いとされています。

「寒の入り」にむけて、1月の食材で食養生をはじめよう

1月5日から立春までは、「寒の内」といって小寒、大寒と一年の中でも最も寒い季節がやってきます。
おせち料理や御馳走で冬の食材を頂くのは、これから迎える「寒の入り」に備えた食養生と言えるかもしれません。

1月の野菜の旬は、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、水菜、小松菜、ホウレンソウ、春菊、菜の花、芽キャベツ、ながいも、ながねぎ、菜のはな、くわい、ごぼう、だいこん、ゆりね、れんこんなどがありますね。

1月の果物の旬は、いよかん、オレンジ、シークワーサー、みかん、れもんなどの柑橘系がメインです。旬のピークはすぎましたがリンゴ、柚子もまだまだ、ハウスものイチゴやキウイも多く出回っています。

1月の魚介類の旬は心躍る御馳走が並びます。あんこう、いなだ(はまち)、きんき(きちじ)、金目鯛、こはだ(このしろ)、さわら(関東は冬、瀬戸内は春、回遊魚)、たら、ひらめ、ふぐ、ぶり、ほうぼう、わかさぎ、あかがいあまえび、いいだこ、やりいか、いせえび、かき、ズワイガニ、タラバガニ、しじみ(冬は寒しじみ、夏は土用しじみ)、たらこ、ほたて、新海苔などです。

寒さに効く代表的な食材は以下のようなものが挙げられます。

〇柚子、ゆり根、玉ねぎなど

「血」の流れや「気」の巡りを良くすると言われています。漢方では「血」は西洋医学で全身に酸素や栄養を運んだりする血液に似た働きがあり、ホルモンバランスの調整をしてくれるものです。

〇クルミ、海老、ナマコ、羊肉等

カラダを温め寒さへの抵抗力をつけます。

〇マス、鮭、鯵、黒砂糖、ショウガ、こしょう、にんにく、にら、もち米等

カラダを温めます。

〇赤貝、ホウレンソウ、ニンジン、落花生、タコ、イカ等

内臓を滋養し、「血」の元をつくります。

〇かぼちゃ、鶏肉、山芋、サツマイモ、ジャガイモ、シイタケ等

糖をつけ、内臓の働きを良くします。

 

タイトルとURLをコピーしました